スタッフ紹介

あなたのベストパートナー
私たちは不動産売却の
プロフェッショナルです

平山 裕一朗

STAFF 06.

関西支社

平山 裕一朗
Shinichiro Sugata

弊社の理念や考えを浸透させ
お客さまが相談しやすい
不動産エージェントを目指す

2002年
大手アミューズメント会社
2008年
大手小売流通会社
2008年
大手不動産仲介会社
2014年
請負住宅販売会社
2018年
不動産売却サポート 入社

平山 裕一朗

「不動産売却サポート」に入社したきっかけは?

業界へ疑問を感じ続けた日々
求人広告に書かれた「あるメッセージ」に胸を打たれた

求人広告に書かれていた、あるメッセージに胸を打たれ、応募したことがきっかけでした。

私はこの会社への入社前も、大手不動産仲介会社や、注文住宅の販売会社に勤めていた経験があったので、不動産業界にはかれこれ10年ほど携わっています。それだけ長く業界に携わると、プロとして自信を持つことができる一方で、業界ならではのあり方や考え方などに、疑問を持つことも少なくはありません。それでも、私たちは会社組織に所属している身ですので、当然求められるのは会社への貢献、つまり「売り上げ」です。自分に与えられた仕事をこなしながらも、「お客さまの幸せに寄り添った仕事ができているだろうか」と、どこか後ろめたい気持ちを抱えていた時期もありましたね。だけど今更、他の業界で活躍できる自信はない。それでも、不甲斐ない気持ちを抱えたまま、仕事をしたくない。そう思いながら、ぼんやり求人サイトを眺めていました。

そこで、たまたま目に飛び込んできたのが、弊社の求人広告でした。そこに書かれていた、「売上至上主義で、もう汚い取引をしたくない!子供に胸を張って仕事のことを言える不動産会社」というメッセージに、胸を打たれましたね。この会社であれば、私がその時に抱えていたモヤモヤを、払拭してくれるのではないか。そう期待し、応募してみると、すぐに代表・山田よりメッセージをいただきまして、面接することが決定したのです。

実際に話をしてみると、代表・山田も私と同じく、業界への疑問を抱え、新しい仕組みを作るために起業したという話を聞き、さらに共感は強くなりました。弊社の利益は、他社の不動産仲介業に比べると、仲介手数料収入は売主様からのみになり買主様・売主様の両方から仲介手数料を頂く事をはじめから考えていません。しかし、そうして会社の利益を減らしたとしても、お客さまへの貢献を最優先したい。そんな代表・山田の姿勢に共感して、入社を決意しました。